Business

コンサルティング事業部

販売力向上コンサルティング | マネジメントコンサルティング | お問い合わせ

img01

弊社の研修では、一方的に知識を詰め込むような研修は行いません。まずは意識の変革を通してスタッフ様自ら学びたいという意識を醸成し、その後、知識研修を行い必要な知識をインプット、日々の業務の中でアウトプットを行いスキルを養い、そのスキルの補填という形で販売力向上のための研修を行うことで本当の意味でのスキルアップを図ります。
そうすることで、「売る」のではなく「納得して買ってもらう(=売れる)」ができる販売のプロを育成します。

line 今いるスタッフをプロのアドバイザーへ育成します
こんなお悩みありませんか?
研修の4つのポイント
実践に即したカリキュラム

ピアズが提供するカリキュラムはすべて実践に即した内容です。現場ですぐに活かせる意識・知識・スキルを身につけることが出来ます。

学習内容を完全カスタマイズ

店舗様により、必要な研修内容は異なります。ピアズでは、店舗様ごとの課題に合わせて、確実に課題解決に結びつくカリキュラム内容をカスタマイズで作成します。

独自開発のオリジナル教材

教材はすべて独自開発のオリジナル映像教材。何度もくりかえし学習ができるので、研修生のそれぞれのスピードに合わせて研修が可能です。

効果がわかるフィードバック

研修で重要なのは、どのくらいの成果が得られたのか、研修前と研修実施後の比較データやわかりやすいレポートを作成し、講師からの解説を含めてフィードバックします。

研修実施の考え方
研修の実施フロー
STEP1 研修を通してどのような成果を出したいかをすり合わせさせて頂きます。
STEP2 カリキュラム作成を行いご提案させて頂きます。
STEP3 テキスト作成を行いご提案させて頂きます。
STEP4 ご要望に応じてデモ研修を実施させて頂きます。
STEP5 効果的な研修の実施をさせて頂きます。
STEP6 受講対象者からの意見をアンケートにて集約させて頂きます。
STEP7 アンケート分析による課題発掘と次回へのご提案をさせて頂きます。
img10
お問い合わせはこちら
マネジメントコンサルティング

組織活性化

移動体通信業界では、商材の増加、市場の飽和、
タスクフォースによる訴求方法の変化など、
目まぐるしい環境の変化により、離職率が高く、
採用も困難な状況が生まれています。
運営の厳しさが増し、二極化の時代を迎えているなかで
環境の変化を向かうべき課題として捉え、
「人づくり」「組織づくり」によって、
”組織活性化”をしていくことが求められます。

組織活性化による好循環
「人」と「仕組み」を変革させ、売れ続ける組織を構築します!
line

クライアントの多角的な戦略立案サポートを行います。また、組織風土改革や人事制度改革など生産性向上に向けた組織づくりや、
オペレーション改善、責任者へのリーダーシップ向上プログラムなどの収益向上に向けた取り組みなど、代理店運営に関する全般のサポートを行うことが可能です。

line
「人」と「仕組み」を活性化させ、変化に柔軟に対応できる組織づくりを行います。

組織状態を最大限に活性化させ、生産性を向上させるためには、「組織基盤」となるポリシーの定義と共有が根底として必要です。その土台の上に「情緒的な要素」であるモチベーション、エンパワーメント(絆)を向上させる仕掛けと、「機能的要素」を満たす目標設定と進捗共有の見える化、ナレッジを早期に共有できるマネジメントの仕組みの計5つのポイントを中心に強固なものにしていくことが必要です。

日本で卓越した組織経営を行っている会社に与えられる「日本経営品質賞 本賞」を受賞したノウハウを惜しみなく提供し、自発的にパフォーマンスを発揮できるチームを作り出します。

title04
情緒的要素
モチベーションの向上 エンパワーメント
機能的要素
目標設定と進捗の共有 ナレッジマネジメント
ポリシーの定義と共有
組織基盤
line
◆マネジメントの基本理念と重視する考え

【基本理念の4要素】

・顧客本位:目的は顧客価値の創造。価値の基準を顧客からの評価におく。
・独自能力:組織の「見方」「考え方」を学習して独自能力を獲得する。
・社員重視:組織内の全ての人がオーナーシップを持って創造性を発揮する。
・社会との調和:社会に貢献し、社会から信頼される。

【重視する9つの考え】

1.コンセプト・・・・・・・目指す状態、ゴール
2.変革・・・・・・・・・・考え方の変化 効率重視から価値重視
3.価値前提・・・・・・・・価値の優先順位を決め全員がその順位に沿って判断
4.プロセス・・・・・・・・顧客価値の創造や提供に結びついたプロセス
5.創発・・・・・・・・・・まだわからない「何か」を探す、見つけるためのもの
6.対話・・・・・・・・・・会議の分類、会議体の理解
7.戦略思考・・・・・・・・何が必要か、なぜ必要かを戦略的に考える
8.ブランド・・・・・・・・顧客に対する価値の証明、ポジショニングの確立
9.イノベーション・・・・・仮説思考で価値を革新する、持続的な価値提供
img21
お問い合わせはこちら

Copyright © Peers Co.,Ltd. All Rights Reserved.